忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/19 20:40 】 |
求人広告の情報についてその2
求人広告から読み取れる情報はもちろん、そのまま正しい情報でしょう。
ですが、それ以外のことは、電話なり、面接の時なり、細かく質問しなければなりません。

もちろん、職種が簡単に書かれている場合でも、詳細まで聞いたほうが良いでしょう。
「営業職」だけですと、そのなかにもいろいろな業務がありますからね。
営業と一言で言っても、実際はどのような業務をするのか、具体的な業務内容を聞いたほうが、就職してから「こんなはずじゃなかった!」と言うことにはならないと思います。
リストラされる前に営業職だったからと言って、どこの会社の営業も簡単にこなせるわけではないと思うのです。
業種が違えば営業の内容も違ってくるでしょうから、具体的にどんな仕事をするのか、きちんと把握しておきましょう。
自分で営業の仕事はこんなものだと言う考えがあるでしょうが、それが必ずしも相手の会社の業務と同じというわけではありませんからね。

また、勤務時間についてもきちんとチェックしましょう。
働く時間帯も求人広告には、通常、書かれている場合が多いです。
例えば「9時から18時まで」と書かれている会社があるとします。
ですが、それ以後の残業のことまでは求人広告には載せませんよね。
会社は残業については、あまり詳細を記載しないところが多いので、面接の時に質問しても良いでしょう。

リストラされて、仕事を探している場合、何とかお金を稼ぎたいと思っている人が多いでしょうから、そんな人は残業が嬉しいかもしれませんね。
残業代が付く仕事ならば喜んでやるでしょうね。
PR
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の内容をチェックしようその4
また、個人事業主となるので、他からの命令が下りないと言うことになり、一見、気軽で良さそうなのですが、これは、雇用されていないと言う立場のため、不都合も出てきます。
例えば、労災保険や、雇用保険、または、健康保険、それから、厚生年金保険が適用されないことも大きいでしょう。
それから、あまり良くない実例もあります。
勤務時間が設定されていたり、命令も他から受けたりしているのにも関わらず、やはり保険の加入だけはしていないという事業主もいるようです。

それから、勤務先も必ずチェックしましょう。
勤務地で面接をするとは限りませんから、面接会場の場所が近いからと言って安心してはいけません。
実際に勤務する場所がどこか、会社がどこにあるのか、きちんと確認しておきましょう。
求人広告には、本社所在地や勤務地の住所などが掲載されていますから、きちんと把握しておきましょう。

また、待遇ですが、「各種社会保険完備」と掲載されている場合、労災保険や雇用保険に加入してくれると言うことです。
または、健康保険や厚生年金保険などの社会保険に加入と言う意味になります。
ですが、実際はどうなのか、事前に確認しておくと良いでしょう。
「完備」と掲載されていることから、すべてに加入されると勝手に思わないほうが無難です。
面接の際には、担当者に、健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険、それぞれにすべて加入されるのか、求人広告に書かれていないことも、自分できちんと確認したほうが良いでしょう。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の情報についてその4
また、待遇や給与面についても、確認だけはしておくと良いでしょう。
時給で払われる場合は、求人広告に記載された時給で、もちろん、大丈夫でしょうが、気になる方は確かめておきましょう。

また、時間や労力に関係なく、とても高い報酬が設定されている場合はちょっと気をつけたほうが良いかもしれませんね。
求人広告に、普通では考えられないくらいの高い報酬が記載されている場合、業務内容を確認しておいたほうが良さそうです。
何か、危ない仕事をしているケースだったり、ノルマが高く設定されていたり、労働条件が過酷であったりします。
高い報酬を払う、それ相応の理由があるでしょうからね。
業務内容も理解せずに、高い報酬だけを見て応募するのは避けたほうが良いと思いますよ。

特にリストラされたり、失業したりして、次の仕事を探している方は、本来、自分のやりたい仕事、出来る仕事がわからなくなってしまう場合があります。
とにかく、「お金になりさえすれば良い!」と求人広告を見ている人もいるでしょう。
仕事の内容に関係なく、どんな仕事でも良いと思ってしまう人も多いです。
ですが、それではやはり長続きはしませんし、それぞれ、人には得意な分野と苦手な分野があるものです。
例えば、サービス業ならとても向いていて、楽しく仕事が出来るのに、経理の仕事はまったく向かないという人もいます。
出来たら、自分の良さが出せて、力が出せる職場が良いですよね。
また、長く勤められる仕事に就けることも、また就職活動をせずに済みますから、求人広告を注意深く読むことは大切なことなのです。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告から年齢制限が消えた訳続き
また、例外的に年齢制限を掲載することが認められている場合もあります。
これは、合理的な理由からです。
例えば、会社で決められている定年が60歳だとすると、その求人には「60歳未満」と年齢制限を掲載しています。
そうでなければ、60歳以上の人が採用試験に来てしまうからです。
また、演劇などの子役募集で「10歳以下」と年齢制限をしている場合もありますが、これらは例外となっています。
子役ですから、ある程度、年齢が低くないとダメですからね。
こうした場合は例外と言えます。

ところで、厚生労働省が、法改正、直前の4月に、ハローワークの求人で「年齢不問」とされている求人広告がどれくらいあるか調べたそうです。
この際、年齢不問としている求人が半数を超えていました。
ですが、実際には、どうかと言いますと、書類選考で年齢を理由に不採用にされていることが多かったそうです。
これが法改正後に義務化したからと言って、企業側がきちんと守るかと言えば、それは期待出来ないのではないでしょうか?
実質、年齢制限で不採用になることは、この先も続くと見込まれています。

若い人でしたら、仕事を探すのにも、余裕でしょう。
年齢制限があってもなくても、若ければ新しい仕事をスタートさせる可能性は十分にあります。
ですが、リストラされた中高年が再就職を探すときは、結構苦しいものです。
リストラされた後は、求人広告から仕事を探し続け、面接を何十社、受けても不採用が続いていると言ったケースも多いと聞きます。
こうした中高年層のためにも、法改正がされたと思いますが、実際は効果があったのかと言えば、そうではないのが現実のようですね。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の内容をチェックしようその8
小さい会社でも、ネットでの展開に力を入れている会社もありますから、面接を受ける前にはホームページは見ておくべきでしょう。
いろいろな情報もゲットできますし、何より、面接の際に、事前にホームページを見たと言うことは、自己アピールに繋がります。
意欲がある、やる気があると見られ、その積極性を採用側もくんでくれると思います。

また、求人広告に掲載されている内容で、「委細面談の上」と言うのを見かけることがありますよね。
これはどういう意味なのでしょう?
実は細かいことは面接で話しますので求人広告には書きませんと言う意味です。
これは、本当に求人広告に使う文字数が足りなくて書ききれないということも、もちろんあります。
または、悪く考えるとここに掲載できないこともあるので、詳しくは面接の時に伝えると言うことでもあるようです。
そうかと言って、このように書いている会社が良くないと言うことではありませんので、面接のときに確認すればオッケーです。
自分が質問したいことを事前に書き留めておき、面接のときに忘れずに質問するようにしたいものです。

それから、最後に、求人広告にいつも掲載されている会社ってありますよね。
見るたび、募集している会社があり、職種も待遇もいつも同じ、このような会社は社員、アルバイトが長く続かないことが予想されます。
採用されても、その人がすぐ辞めてしまうので、同じような求人広告を繰り返し掲載していると考えられます。
もちろん、求人広告を連続して掲載している、すべての会社がそうではありませんが、これらの広告には気をつけたほうが無難でしょうね。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
主婦向けの求人広告に注意しようその2
その求人広告が信頼出来るかどうか、あまり考えずに、早速、業者に電話をすると、「仕事をお願いする前に、アクセサリー製作の器具を先に購入して下さい」と言われます。
このように言われれば、誰もが「え?器具を買うの?お金がかかるの?」と疑問に思いますよね。

ですが、業者が言うには「数万円の器具代くらい、仕事が入ればすぐに取り戻すことが出来ます!」とのことでした。
ちょっと高すぎるような気もしますが、これを買って、ビーズアクセの仕事をすれば、すぐに元が取れて、収入にもなると思うと、器具を購入する気持ちが高まってしまいます。
そして、業者の言うままに器具を購入してしまいました。
ですが、その後、仕事が一向に入らないというケースが多いです。
結局、求人広告に騙されて、高い器具を購入した結果、仕事がもらえずに損をしたことになります。

これは、悪質な内職商法です。
このように、求人広告がきっかけであったとしても、自宅でできる内職を紹介すると言って器具などを購入させる商法、または、仕事を始めるに当たって、登録料や研修費などを支払わせたりする手口があります。
これらを「内職商法」と呼びます。

では、このような場合、買ってしまった器具について、クーリングオフは可能なのでしょうか?
内職商法で何かを買わされた場合、クーリングオフは、設定が20日間となっています。
ですから、20日経っていなければ、この器具はクーリングオフ可能と言うことで、返品し、お金を返してもらえることになります。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の内容をチェックしようその5
それから、年齢制限ですが、求人広告に掲載される年齢制限は、最近では廃止されています。
以前は何歳から何歳までの方、と掲載されていましたが、最近ではそれも見かけなくなりました。
もちろん、未だに年齢を重視している企業もなかにはありますが、やる気を買われたら、年齢も関係なくなるケースがあるようです。
年齢制限があっても、それは目安として受け止め、やる気をアピールすれば良いでしょう。

同じように、経験者優遇と求人広告に書かれている場合、未経験者がNGと言う意味に受け止めがちですが、そんなことはありません。
このような場合もやる気があれば、関係ないと言う採用姿勢を取っている企業も多いです。
ですから、本当にやりたい仕事を求人広告で見つけた場合は、年齢制限や経験者優遇などの言葉が掲載されていても、諦めず、ガッツで挑んでみましょう。
企業側だって、やる気がある人を採用したい気持ちがあるのですからね。

さて、一番、みなさんが重視しているのは給与かもしれませんね。
アルバイトやパートの場合、時給が求人広告に書かれていると思います。
例えば、時給900円以上と掲載されていた場合、その職業に初めて就く未経験者で900円と言うことです。
ですから、もし、同じような業務を過去にやった経験がある場合は、その時給より上がる可能性が高いです。
と言うことで、求人広告に書かれている時給が自分の希望より安かったからと言って、すぐに諦めることはないと思います。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
ネットの求人広告で注意することその4
オンラインで自分の履歴書を載せることが出来るサイトもあります。
その場合、採用担当者のみがその履歴書を見ることが出来るような就職サイトにだけ掲載するようにします。
第三者があなたの履歴書を容易に見ることが出来るようなサイトには掲載しないようにしたいものです。

また、求人広告に応募しようとする場合、インターネット上に存在する求人広告はその会社が実在するかどうか確かめる必要があります。
偽の求人広告かどうか、見分けるために必要なことです。
安易な気持ちで電話を掛けたりすると、とても面倒なことになってしまいます。
電話番号が詐欺集団に知られただけでも、やっかいですからね。

まず、電話帳で会社がちゃんとあるのか調べてみましょう。
ハローページなどでも調べられますし、インターネット以外、他の手段を使って、その会社が実在するかどうか調べてみましょう。
もし、自分が行ける範囲の場所ならば、営業時間に直接、住所を尋ねていくと良いでしょう。
そこに会社があるかどうか、はっきりわかりますよね。
偽の求人広告を出している会社は住所も偽っている場合が多いですから、尋ねていけば、一目瞭然ですね。
また、ネットでは、詐欺の被害情報が流出している場合もありますから、その会社の名称で検索してみることもひとつの手でしょうね。

また、偽の求人広告がどうか見分ける方法ですが、書かれている文字情報を良く見てみると、英語のミススペルがあったり、誤字脱字があったり、いい加減な情報である場合があります。
このあたりは自分でよく確認しておくと良いでしょう。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の内容をチェックしようその1
みなさんが、パートやアルバイトを探すときにチェックするのが、求人広告ですよね。
もちろん、社員として働きたい方も、アルバイトを探している人と同様に、求人広告を良くチェックしていますよね。
求人広告は少ない文字情報の中に、いろいろなことが書かれています。
応募する前には、様々な情報をそこから得なければなりません。
仕事の待遇やその他の内容など、情報を得た上で、自分がそこで働きたいと思ってから応募しましょう。

では、求人広告を見る時に、どのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか?
仕事を探している人は、求人募集のフリーペーパーなどを見たり、ハローワークで求人募集の閲覧をしたりしますよね。
求人の情報を収集するには、現在、いろいろな方法があります。

もちろん、インターネットでも仕事を検索できますし、デパートの掲示板などにも求人情報が掲載されていることもあります。
また、地域密着型の新聞や、無料で配られている情報誌、コンビニにおかれている求人雑誌など、いろいろあります。
それから、新聞の求人広告欄でも情報をゲットできますし、折込みに求人チラシが入っている場合もありますよね
このように、求人広告は様々な形で見ることがありますが、私達は一体、どのようなことに気をつけて、求人広告をチェックしたら良いのでしょうか?

まず、なんと言っても、職種はチェックすべきです。
自分がどのような仕事に就きたいのか、それをはっきりさせておきましょう。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
ネットの求人広告で注意することその3
それから、求人広告に大手企業のホームページをリンクさせ、いかにもその会社と繋がっているような感じをアピールするケースもあります。
大手企業のホームページへのリンクなど、誰でも出来ることですから、このような手口でひっかからないようにしたいものです。
求人広告に貼られたリンク先を見たら、本物の大手企業サイトだった、それだけで信用しないようにしましょう。

また、オンラインで応募するようなシステムがあるサイトは、また別の注意が必要です。
例えば、求職者個人のブログやホームページを見た詐欺師、または悪徳業者が、その求職者に直接コンタクトを取ってくる場合もあります。
採用担当者と偽って、偽の求人情報を送りつけてくるのです。

その応募が、オンライン応募システムとなっている場合、求職者を巧みな言葉で信頼させ、個人情報を送信させます。
また、直接、電話してくる場合もあるそうです。

本来ならば面接で聞かれるようなことも、詐欺師はオンラインの送信システムを使って、相手に情報を送信させようとします。
例えば、クレジット カード番号や自分の住所を教えないことはもちろんのこと、生年月日、既婚、未婚の情報など、絶対に教えてはいけません。
それがメールであろうと、そのような情報を送信することは危険です。
もちろん、それがファクスであろうと、電話であろうと、安易に送信してはいけません。
また、オンライン応募であろうと、個人情報は安易に情報提供しないようにしたいものです。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の内容をチェックしようその7
このような場合、固定給がなくなるケースもありますから、その場合は、最低賃金より下がることがないか、企業に確認したほうが良いでしょう。
歩合制は物が売れたら、売れただけ報酬がもらえたり、契約数によって報酬が上がったりする制度ですからね。

また、アルバイトの求人広告に「正社員登用制度有」と書かれている場合がありますが、これはどう言ったことなのでしょうか?
これは、アルバイトで入ったとしても、そのうちに社員になれる制度があるということです。
本人は単なるアルバイトのつもりで働き初めても、その職務が気に入ってしまい、またプロフェッショナルになってきて、結果、正社員として働きたいと思い始めるかもしれません。
このような登用条件があるかどうか、「正社員登用制度」と書かれていても、その内容を確認し、出来たら書類としてもらえると良いでしょう。

アルバイトから社員になるという話は結構あります。
長く勤めていると、仕事内容も熟知してくるので、会社側から「社員にならないか?」と勧められるケースも多いようです。
社員になりたかった人はラッキーですよね。
また、社員になりたくても社員を募集しておらず、アルバイト募集の求人広告を見て、それで働き始める人もいます。
「いずれ社員になれるチャンスがあるかもしれない!」、そう思ってアルバイトをする人も沢山いるのです。

それから、最近ではホームページを持っている会社も沢山あります。
大手の企業ならほとんど持っているのではないでしょうか?
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の内容をチェックしようその3
次に、仕事に就いたときの自分の立場が、求めているものと同じか確認しましょう。
立場とは、正社員なのか、パートやアルバイトなのか、または、派遣と言う選択もあると思います。
また、契約社員と言う立場もありますよね。
なかには、言葉がいろいろ使われており、正社員だけでなく、準社員や嘱託社員などと言われる場合もあります。
その実情がわからない場合は、求人広告を出している企業に電話をするなどして詳細を聞いたほうが良いでしょう。

ここで気をつけた方が良いと思うことですが、「雇用契約」と言う名称ではなく、求人広告に「請負契約」と言う名目で書かれていたり、「業務委託契約」と書かれていたりしないかチェックすることです。
これらの名称は、なぜ気をつけなければならないのでしょうか?

請負契約と言うことは、発注者と請負業者との間で、契約が交わされることになります。
受注者、つまり、あなたが、発注者、つまり、会社から注文された一定の仕事を完了させて、報酬をもらうということです。

また、業務委託契約とは、請負契約と同様の契約内容になりますが、少し違います。
これは、一定の仕事を完了させたことによって、報酬が出るのではなく、一定の労務の提供に対し、報酬が出ることになります。

求人広告に請負契約、業務委託契約と書かれていた場合、もし、あなたがそこで働くとしたら、被雇用者と言う扱いではなくなります。
この場合は、個人事業主の扱いとなります。
そうなると、勤務時間があらかじめ定められているケースがあります。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告から年齢制限が消えた訳
求人広告を見ている方はおわかりになったでしょうが、最近は、年齢制限が書かれていませんよね。
以前は、「35歳まで」とか、「50歳くらいまで」とか、求人広告に制限が書かれていました。
私が30代後半だったころ、やってみたいと思うパートはほとんど「35歳まで」と書かれていて、どれも面接を受けるまで行かなかった記憶があります。

これは、2007年10月1日に施行された「改正雇用対策法」によって、求人広告に年齢制限が掲載されることを、廃止したからです。
ですが、基本的に禁止しただけであり、実は求人広告には書かれていなくても、実際、面接した際に、年齢が原因で落とされることがあります。
書類選考によって、年齢制限をかけている企業が多いことは事実ですので、法改正後にも、相変わらず、年齢制限は残っていると言われています。

この法改正後は、ハローワークでの求人も、もちろんのこと、民間の職業紹介所や、求人広告のフリーペーパーなど、一斉に年齢の壁がなくなる予定でした。
もちろん、掲載内容からはなくなりましたが、年齢制限は、やはり行われていると言えます。
フリーターや中年の転職を応援しようと、就職機会を幅広くするために法改正されたのですが、実際、企業側としても同じ雇うなら、将来性がある若い人のほうが良いに決まっていますからね。

このように、求人広告に年齢制限を設けないことは企業側として、法的義務となっています。
これに万が一、違反した場合は、罰則は設けられていません。
ただ、ハローワークが指導、または勧告して是正させるということです。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告を有効に掲載するには
会社の採用担当者は、出来るだけ良い人材を集めようと一生懸命に仕事をしていることと思います。
良い人材が集まれば、それは会社にとって良いことです。
仕事をこなす力もアップすれば、売り上げもアップするでしょう。
良い人材を沢山得て、彼らがバリバリと仕事をして、会社の業績が上がっていくこと、これは理想的ですね。

良い人材を集めるためには求人情報が重要ですよね。
仕事の魅力、やりがいをアピールした魅力ある求人広告を出したいものです。
では、どのようなところに求人広告を掲載するのが会社にとって良いのでしょうか?

ここで誰もが思い浮かぶのが、大手の就職情報誌や、アルバイト情報誌だと思います。
もちろん、情報誌だけでなく、インターネットサイトへの掲載と言う方法もありますよね。

ですが、ここで考えるべきなのは、「大手だから良いのか?」と言うことです。
大手は広い範囲で情報誌を出版していますから、見る人もその分、沢山いるでしょう。
ですが、地域に密着しているような中小企業の場合は、大手の情報誌に求人広告を載せることは効果的なのかと言えば、そうとも言えないでしょう。

なぜなら、広い範囲で人がその求人情報を読んだとしても、なかなか人が集まらないのが実情です。
だったら、もっと範囲を狭めてみたらどうでしょうか?
例えば、地元で人材を探したい場合は、地域限定の新聞や、新聞の折込みチラシなどのほうが有効であると言えるでしょう。
また、スーパー、小売店の場合は、店頭の掲示板などに求人情報を貼っておいたほうが効果的かもしれません。
どんな職場か、いつもお客として来ている人は良く知っているからです。
このように、地元で人を集めたい場合は、情報誌よりも、店頭や、地域限定紙、折込みチラシなどのほうが有効と言えるでしょう。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
魅力的な求人広告を作るその4
その仕事をする上で、自分が社会に対してどのように貢献して行くのか、人とどのようにして関わっていくのか、それを知りたい求職者も多いでしょう。
ですから、求人広告にこのような内容が一言でもあると、会社や仕事に対しての印象も違ってくると思います。

生活するために仕事をしている人がほとんどでしょうが、実は、お金をもらうために仕事をするのではなく、プラスアルファの達成感や満足感を求めて仕事をする人が多いのです。
ですから、業務の魅力をアピールした書き方をする、求人広告はポイントが高いと言えます。

私はずっとホテルに勤めていましたが、やはりお客さんの喜んだ顔を見ることが、何より嬉しかったです。
仕事はきつかったのですが、お客さんとの触れ合い、コミュニケーションが楽しい仕事でした。
自分が何かサービスをすることでお客さんが喜んでくれる、そんなやりがいのある仕事がホテル業だと思います。
ですから、ホテル業の求人広告には、このようなことを掲載している会社も多いです。
サービス業の素晴らしさを短い文章で紹介することは難しいでしょうが、この一言があるか、ないかで、その求人広告の魅力が変わってくると思います。

もちろん、給与や時給、または、勤務地、それから、勤務時間や休日など、また、残業のあり、なしなども、求人広告には必要事項でしょう。
それにプラスして、お話した業務の魅力も掲載できれば、とても魅力的な求人広告になることは間違いありません。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
情報誌の求人広告に注意しよう続き
ここで、過去にありました、詐欺まがいの話をご紹介しましょう。
「誰でも簡単に始められる!」と言うキャッチフレーズで、チラシ配りや内職の求人広告がある情報誌に掲載されていました。
そこに電話してみると、仕事を開始するためには、まず、最初に会社へ保証金を支払わなければならないと言われるようです。
仕方なくそのお金を支払うと、その後は、仕事をまわしてくれないそうです。

このような内職商法と呼ばれるケースは、他にもいろいろなパターンがあるようです。
ですから、大手の求人雑誌に載っていたからと言って、安易に信用しないようにしましょう。

内職をしたり、在宅ワークをしたり、チラシ配りをしたり、このような仕事を始める際に、保証金が必要と言うこと自体がおかしいです。
私もいろいろな在宅ワークをしたことがありますが、その前にお金を払うようなことは一切ありませんでした。
お金を稼ぎたいのに、どうして先にお金を払わなければならないのでしょうか。

保証金のほかにも、研修費用や、教材費として請求されるケースもあります。
また、求人広告には「研修終了後、高級月収!」などと書かれている場合があります。
実際に申し込んでみると、その研修費用がかなり高くてびっくりしたと言うようなケースもあります。

在宅ワークや、お勤めする場合もそうですが、先にお金を払うようなケースは全般的に気をつけたほうが良いでしょう。
それには下記のような会社が上げられます。
保証金を請求してくる会社、研修費用を請求してくる会社、教材を買わせようとしてくる会社は気をつけましょう。
また、内職のための器具を買わせようとする会社、また、データ打ち込み用のパソコンを買わせようとする会社などは悪質商法かもしれません。
このようなお金が必要と書かれている求人広告は最初から相手にしないことをお勧めします。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
ネットの求人広告で注意することその5
ネットで求人広告を見て応募する場合、気をつけなければならないことが他にもあります。
メールなどで、採用担当者と名乗る人、また雇用主と名乗る人から、職歴や個人情報の提出を求められた場合は、メールで返信しないようにしましょう。
メールは誰にでもなりすますことが出来ますから、詐欺師が偽ってメールを送ってきているかもしれません。

もし、それを伝えなければならないのなら、面接の時に伝えるか、または、営業時間内に会社へ出向き、直接伝えましょう。
または、メールの送信元アドレスが、求人広告に記載されていたものと同じか、または、住所などが一致しているか、確認してみると良いでしょう。
オンラインの求人広告を見てメールで応募したり、問い合わせたりするときは、いつも使用しているメールアドレスのほかに、就職活動用のホットメールアドレスなどを作っておくと良いです。
無料で作ることが出来るアドレスはいろいろありますから、この際、使ってみてはいかがでしょうか?

言うまでもありませんが、求人広告に金銭を要求することが記載されている場合は、気をつけて下さい。
例えば、保証金、研修費用、登録料、機材費など、名目はいろいろあるようですが、お金を支払う場合は、疑ってかかったほうが良いでしょう。
派遣に登録する場合も同じく、契約もせずに、先にお金を払うようなことがあれば、気をつけたほうが良いでしょう。
また、担当者と直接会って、契約を交わすまでは、クレジット番号などの情報は教えないことです。
単に報酬が良すぎるとか、条件が良すぎるとか、仕事が簡単すぎるとか、ちょっとおかしいと思う求人広告は疑ってみることです。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
主婦向けの求人広告に注意しようその1
不況でどこのご家庭も苦しい家計を、なんとかしようとしていますよね。
サラリーマンの奥さんは特に、家計を助けようと、自らパートに出たり、家で内職をしたりと、少しでもお金を稼ごうとがんばっていると思います。
私の周囲にも、こうして苦しい家計を助けたいと思っている主婦は沢山いらっしゃいます。
不況がしばらく続き、苦しい家計状況ですからね。
これは、これは仕方ないことでしょう。

ですが、この主婦たちの切実な気持ちに付け込む、詐欺まがいの求人広告があることを、みなさんはご存知でしょうか?
その手口はいろいろあるようですので、幾つかご紹介しますね。

まず、自宅でアクセサリーを作ると言う、在宅ワークの求人広告についてご紹介します。
残念ながら、これにひっかかってしまった主婦の方の実例をご紹介しておきます。
みなさんも他人事とは考えずに、明日はわが身と思い、注意して下さいね。

さて、ビーズでアクセサリーを作ることは主婦のみなさんも結構やっていらっしゃいますよね。
これは、数年前から流行っていて、今も人気は根強く続いているようです。
ですから、実際に趣味でビーズアクセサリーを作っている人もいるわけです。
このような求人広告を見ると、「すでにやっているビーズアクセが仕事になるなんて、ラッキー!」と思ってしまいます。
これらの情報ですが、求人広告のチラシが新聞に入っていたり、またネットでそのような求人情報をゲット出来たりする場合もあります。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の情報についてその3
残業について、神経質に聞くと、それだけで、不採用となってしまう原因にもなるということです。
会社側は、やはり残業くらい普通にしてくれる人を採用したいですからね。
あなたが、求人広告を載せる側になったとしたら、その考えも否定できませんよね。
「定時で必ず帰りたい!」という人と、「残業しても構わない」と言う人、どちらを採用したいかと言えば、誰でも後者ではないでしょうか?

そうなると、さらっと何気なく質問しないと、自分の状況が悪くなってしまうかもしれません。
例えば、「求人広告に残業のことは何もかかれていませんが、みなさんは普段、残業をしていらっしゃるのですか?」と言うような質問の仕方はいかがでしょうか。
このようなことを、他の質問に入り混ぜて、さりげなく聞くと良いでしょう。
残業についてだけ質問するのも、ちょっと目立ってしまうかもしれませんしね。
反対に「私は18時までに絶対に家に帰らなければならないのですが、残業しなくて大丈夫なのでしょうか?」などと強い口調で言った場合、不採用となってしまうかもしれません。
残業についての聞き方にも、ただ単に質問すれば良いというだけでなく、少しだけ気をつけてみましょう。

例えば、もし自分が、曜日によって残業できない日がある場合、そのようなことを前提に聞いてみると良いかもしれませんね。
アルバイトの兼業などはあまり快く思わない担当者もいるでしょうから、必要以上に話すこともないと思います。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の内容をチェックしようその6
自分がその仕事の経験者に当たる場合は、多少なりともそれ以上の時給が見込めると思って大丈夫だと私は思います。
例えば、あなたが、以前、コンビニエンスストアで数年間、アルバイトをしていた経験があるとしましょう。
今回、別のコンビニエンスストアでアルバイトをしたいと、求人広告で仕事を探しているとします。
そうなると、求人広告に書かれている時給より、少しは高い時給がもらえると思って良いと言うことです。

ですが、これを決めるのはあくまでも採用側です。
私達、雇われる側が勝手に、「自分は経験者なので、900円ではなく、時給950円はもらえるだろう」と勝手に思い込んでしまうのも問題があります。
あくまでも企業側が決めることなので、自分で一方的に判断しないようにしたいところです。
ですから、「未経験者以上にもらえるかもしれない」と言う程度に留めておくほうが良いかもしれませんね。
ただ、自分の希望時給より安いからと言って、求人広告を読んだだけで、簡単に諦めることがないようにしたいですね。
それ以上もらえるかもしれないのに、もったいないことですから。
もし、面接前に、先立って知りたければ、直接、担当者に電話して時給について確認すると良いと思います。
その際、自分の職歴を話しておきましょう。

また、求人広告に固定給や、歩合給などが合算されているケースもあります。
このような場合は、入社してからしばらく、思ったような金額の給料がもらえない場合があります。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
ネットの求人広告で注意することその2
オンラインで仕事を探したり、求職活動をしたりすることは、とても便利なのですが、その安全性が心配されています。
ネットに詳しくない人が、軽い気持ちでオンラインサイトを利用すると、とても危険だと言えますから、いくつかの予備知識と、注意点を知って欲しいと思います。

では、オンラインで仕事を探したり、応募したりする場合、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?
まず、その求人広告、求人情報は本物かどうか、と言うことです。
悪質な業者は、個人情報を収集するために、偽の求人広告を出して、求職者をおびき寄せます。
そして、求職者を騙して、個人情報を送信させます。
これらは、フィッシング詐欺と呼ばれるものの、ひとつです。
このような、フィッシング詐欺の求人広告は、大手のサイトや、なんら問題のない合法的な就職サイトにも掲載されていることがあります。
ですから、大手のサイトであっても、また、知名度の高いサイトであっても、すべての求人広告を信用しないことです。
会社ですら、存在しない場合もあるのですからね。

と言っても、無名会社の求人広告では、ひっかかる人も少ないことから、偽の求人広告では、知名度の高い企業に似た名前を使って、いかにも子会社や関連会社だと思わせるような手口を使います。
また、大手企業のロゴマークに良く似せたマークを使い、求職者を信用させているケースもあります。
見た感じ、とても似ているので、ちょっと見て、大手のあの会社だと勘違いさせるのです。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
主婦向けの求人広告に注意しようその3
もし、契約してから20日が過ぎてしまった場合は、お金は返してもらえないのでしょうか?
これを過ぎてしまっても、業者が勧誘のとき、事実にないことを言ったり、事実で大事なことを黙っていたりした場合、契約を取り消すことが可能です。

アクセサリー製作商法のほかにも、主婦をターゲットとした悪質な求人広告は沢山あります。
例えば、資格を取った後、仕事を紹介すると言って、資格取得にかかる費用を払わせ、仕事を紹介しないと言う悪質な商法もあります。
この場合もやはり求人広告などで誘い、教材費や、研修費を支払わせる形です。
これらにひっかかってしまう人は、「この研修が終わったら、仕事が沢山入って、この費用を取り戻せる!」と信じてしまうのです。

また、パソコンの文字入力作業がお金になるという仕事も、先にパソコンを購入する手口です。
そのパソコンを買わないと、仕事が紹介出来ないと言って、仕事を始める前にパソコンを購入させるのです。
もちろん、高いパソコンを買わせた後は、何かと理由をつけて仕事は紹介してもらえないでしょう。

家計が苦しい主婦のみなさんは、ちょっとでもお金になったら良いと思い、求人広告をマメにチェックしていますよね。
それはとても良いことだと思いますが、その求人広告自体を疑ってみる気持ちも持ったほうが良いでしょう。
すぐに業者に電話をかけて、質問などをすることは良いでしょうが、何かを買わせる、お金を支払われることが先にある場合は、何かおかしいと思わなければなりません。
家計を助けるどころか、このような商法にひっかかり、家計をマイナスにしないように、主婦のみなさんは十分に気をつけて下さい。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
情報誌の求人広告に注意しよう
みなさんは求人情報をどこで探しますか?
最近では、ハローワークで仕事を探すことよりも、コンビニや駅に置いてある求人広告のフリーペーパーを見て、そこから探す人も多いと思います。
レストランや、駅など、いろいろなところに、この求人情報誌は置かれていますからね。
とても簡単に手に入り、しかも無料ですから、便利ですよね。

また、求人の情報誌を購入して読む方もいらっしゃるでしょう。
大手の会社がこのような情報誌を出していますからね。
ですが、ここで気をつけて欲しいことがあります。
大手の会社が出している情報誌に、求人広告が掲載されていたからと言って、その会社が信用できると言うわけではありません。

どんな会社でも、お金を払えば求人広告は出せるのですから。
もちろん、見るからに詐欺まがいの求人情報などは、載せないように出版社も気をつけているかもしれません。
ですが、中には怪しいもの、詐欺の疑いがありそうなものなど、いろいろと掲載されています。
一応、掲載には審査があり、それをクリアしたものが掲載されているということですが、すべて信用できる会社だと思わないことが肝心です。
そこに掲載されている会社にコンタクトを取ることや、仕事を始めることはあなたの自己責任となってしまいますからね。

ほとんどの情報誌には、「トラブルになったら連絡をしてください!」というような、コールセンターの電話番号が書かれています。
求人広告に偽りがあるような場合、または、詐欺まがいなことをする会社を見つけた場合は、そこに通告しましょう。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の情報についてその2
ですが、サービス残業となると、それだったらやらないで家に帰りたいと誰もが思うわけです。
また、時間的に余裕のある方は、残業があっても苦にならないかもしれませんよね。
ですが、学生さんやフリーターで、アルバイトとして勤務した場合、他にアルバイトを兼業している場合もあるでしょう。
また、時間的に余裕がなく、残業が出来ない場合もあるでしょう。
それが、仕事を開始してから、残業が当たり前のように行われている会社だった場合、困った立場になりますよね。
残業できないことで、会社にいづらくなる場合もあるのです。
みんなが普通に残業をしているところを、自分だけ出来なくて、帰宅してしまうのは、人間関係もまずくなりがちです。

また、パートを始める人も、子供が学校から戻る時間までは家に戻っていたい方もいらっしゃいます。
夕食の時間までには帰宅したい、その時間まで帰宅できるようなパートを探している、と言うような方も多いです。
ですから、残業が出来ない環境にいる人にとって、当たり前のように残業させられるのは、辛いと思います。
と言うわけで、求人広告に残業のことが書いてなくても、そこは面接できちんと伺っておいたほうが良いでしょうね。

ここで、ちょっと問題になってしまうことがあります。
それは、残業について求人広告になにも触れられていない場合、企業側に聞く時の姿勢です。
ですが、あまり真剣に残業のことを尋ねたりすると、仕事への意欲がないと思われてしまう可能性があるのです。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
求人広告の情報についてその1
予想外にリストラにあってしまった人も多い、この世の中、求人広告を一生懸命に見ている人もいらっしゃるでしょうね
特に家族がいる人は、独身の人より大変だと思います。
自分だけでなく家族の暮らしも両肩にずっしりと乗っているのですからね。

仕事を探して求人広告を見ていると、本当に様々な職種の募集があります。
リストラされ、次の職探しに焦っている人は、「仕事の内容は何でも構わないから、とにかく就職したい!」と思っている人も多いでしょう。
自分が今までやったことのない職種にも、新たにチャレンジしようとする精神はとても立派だと思います。
ですが、「仕事の内容はなんでもいい!」と言うのは、ちょっと待って欲しいと思います。
例えば、簡単に求人広告に目を通しただけで、安易に応募してみたら、運良く採用された人もいるでしょう。
これで、仕事内容が希望通りで、予想通りだったら良いのですが、実は、就職した後で、「自分がやりたいのはこんな仕事じゃなかった!」と後悔するパターンもあるのです。

求人広告を見ただけでは、わからない情報がどうしてもあります。
その枠に情報のすべてを書き記すことは、企業側にも不可能ですからね。
掲載できる情報量にも限度があるわけです。
求人広告の文字数も、あらかじめ決められていますから、当然、書ききれないこともあります。
ですから、掲載されていない部分の情報については、求人を見ただけではわからないですよね。
そこを自分で勝手に良いように解釈することは危険だと言えます。
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>