忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/16 12:33 】 |
求人広告の情報についてその2
求人広告から読み取れる情報はもちろん、そのまま正しい情報でしょう。
ですが、それ以外のことは、電話なり、面接の時なり、細かく質問しなければなりません。

もちろん、職種が簡単に書かれている場合でも、詳細まで聞いたほうが良いでしょう。
「営業職」だけですと、そのなかにもいろいろな業務がありますからね。
営業と一言で言っても、実際はどのような業務をするのか、具体的な業務内容を聞いたほうが、就職してから「こんなはずじゃなかった!」と言うことにはならないと思います。
リストラされる前に営業職だったからと言って、どこの会社の営業も簡単にこなせるわけではないと思うのです。
業種が違えば営業の内容も違ってくるでしょうから、具体的にどんな仕事をするのか、きちんと把握しておきましょう。
自分で営業の仕事はこんなものだと言う考えがあるでしょうが、それが必ずしも相手の会社の業務と同じというわけではありませんからね。

また、勤務時間についてもきちんとチェックしましょう。
働く時間帯も求人広告には、通常、書かれている場合が多いです。
例えば「9時から18時まで」と書かれている会社があるとします。
ですが、それ以後の残業のことまでは求人広告には載せませんよね。
会社は残業については、あまり詳細を記載しないところが多いので、面接の時に質問しても良いでしょう。

リストラされて、仕事を探している場合、何とかお金を稼ぎたいと思っている人が多いでしょうから、そんな人は残業が嬉しいかもしれませんね。
残業代が付く仕事ならば喜んでやるでしょうね。
PR
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |