忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/16 12:32 】 |
魅力的な求人広告を作るその2
例えば、求職者が販売業の求人広告を見たとき、その会社でどのようなものを売っているのか、製造会社だったら、どのような商品を作っているのかと言うことに興味があると思います。
または、サービス業だった場合、その会社は具体的にどのようなサービスを売っているのか、求職者は業務内容について詳しく知りたいと思うのではないでしょうか?
仕事を探している人は、その求人情報を見ただけで、どこまで会社に対してのイメージが沸くか、そこが肝心だと思います。
自分で仕事の内容を具体的にイメージできた場合、初めて、その仕事、その会社に興味が沸くのでしょうからね。

例えば、求人広告に「販売業」とだけ掲載したとしましょう。
見ている側は、「販売業」と言っても、ピンと来ませんよね?
洋服の販売をするのか、パンの販売をするのか、車のセールスなのか、または、電化製品の販売なのか、「販売」と言っても本当に様々な仕事がありますからね。
ですから、求人広告に「販売業」と掲載しただけでは、読み手の興味を引かないことになります。

それとは対照的に、「ブティック店頭でお客様にアドバイスをしながらお洋服を売るお仕事です」と求人広告に掲載したとしましょう。
そうしておけば、読んでいるほうも自分が、ブティックの店頭に立って、お客様に洋服を勧めている様子をイメージすることが出来ますよね。
そして、初めて、「この仕事をやってみたいな」とか「なんだかおもしろそうだな」と思うのです。
PR
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |