忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/16 12:33 】 |
求人広告の情報についてその2
ですが、サービス残業となると、それだったらやらないで家に帰りたいと誰もが思うわけです。
また、時間的に余裕のある方は、残業があっても苦にならないかもしれませんよね。
ですが、学生さんやフリーターで、アルバイトとして勤務した場合、他にアルバイトを兼業している場合もあるでしょう。
また、時間的に余裕がなく、残業が出来ない場合もあるでしょう。
それが、仕事を開始してから、残業が当たり前のように行われている会社だった場合、困った立場になりますよね。
残業できないことで、会社にいづらくなる場合もあるのです。
みんなが普通に残業をしているところを、自分だけ出来なくて、帰宅してしまうのは、人間関係もまずくなりがちです。

また、パートを始める人も、子供が学校から戻る時間までは家に戻っていたい方もいらっしゃいます。
夕食の時間までには帰宅したい、その時間まで帰宅できるようなパートを探している、と言うような方も多いです。
ですから、残業が出来ない環境にいる人にとって、当たり前のように残業させられるのは、辛いと思います。
と言うわけで、求人広告に残業のことが書いてなくても、そこは面接できちんと伺っておいたほうが良いでしょうね。

ここで、ちょっと問題になってしまうことがあります。
それは、残業について求人広告になにも触れられていない場合、企業側に聞く時の姿勢です。
ですが、あまり真剣に残業のことを尋ねたりすると、仕事への意欲がないと思われてしまう可能性があるのです。
PR
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |