忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/22 15:41 】 |
求人広告を有効に掲載するには
会社の採用担当者は、出来るだけ良い人材を集めようと一生懸命に仕事をしていることと思います。
良い人材が集まれば、それは会社にとって良いことです。
仕事をこなす力もアップすれば、売り上げもアップするでしょう。
良い人材を沢山得て、彼らがバリバリと仕事をして、会社の業績が上がっていくこと、これは理想的ですね。

良い人材を集めるためには求人情報が重要ですよね。
仕事の魅力、やりがいをアピールした魅力ある求人広告を出したいものです。
では、どのようなところに求人広告を掲載するのが会社にとって良いのでしょうか?

ここで誰もが思い浮かぶのが、大手の就職情報誌や、アルバイト情報誌だと思います。
もちろん、情報誌だけでなく、インターネットサイトへの掲載と言う方法もありますよね。

ですが、ここで考えるべきなのは、「大手だから良いのか?」と言うことです。
大手は広い範囲で情報誌を出版していますから、見る人もその分、沢山いるでしょう。
ですが、地域に密着しているような中小企業の場合は、大手の情報誌に求人広告を載せることは効果的なのかと言えば、そうとも言えないでしょう。

なぜなら、広い範囲で人がその求人情報を読んだとしても、なかなか人が集まらないのが実情です。
だったら、もっと範囲を狭めてみたらどうでしょうか?
例えば、地元で人材を探したい場合は、地域限定の新聞や、新聞の折込みチラシなどのほうが有効であると言えるでしょう。
また、スーパー、小売店の場合は、店頭の掲示板などに求人情報を貼っておいたほうが効果的かもしれません。
どんな職場か、いつもお客として来ている人は良く知っているからです。
このように、地元で人を集めたい場合は、情報誌よりも、店頭や、地域限定紙、折込みチラシなどのほうが有効と言えるでしょう。
PR
【2010/07/31 08:39 】 | 求人広告 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |